中小企業診断士shinblog

中小企業診断士試験の勉強方法や、中小企業診断士の活動などを中心に「無料」×「有益」な情報発信をしています!

MENU

事例Ⅳ 最後の振り返り CVPと悟りの境地

f:id:Y_Shin:20201022021904p:plain

おはようございます。

中小企業診断士のシンです。

みなさんいつもブログを読んでくれてありがとうございます。

本日は「事例Ⅳ 最後の振り返り CVPと悟りの境地」です。 

 

 

まずは最後の振り返りの記事。

「事例Ⅰ 最後の振り返り 経営戦略」

「事例Ⅰ 最後の振り返り 組織構造 人的資源管理」

「事例Ⅱ 最後の振り返り 経営資源と効果」

「事例Ⅱ 最後の振り返り 施策と経営資源

「事例Ⅲ 最後の振り返り 戦略と生産」

「事例Ⅲ 最後の振り返り 過去問はやり残さず後悔しない」

「事例Ⅳ 最後の振り返り 経営分析とミス・改善のメモ」は下記です。

  

 

いよいよ残り2日間

今日から最終調整休暇に入る人も多いことでしょう。今日からは余計なことはせず、最後の調整です。

4事例全てまとめ記事を2回に分けてお送りしてきましたが、今日が最後です。

最後に時間の無い方は流し読みしてください。忘れていたあの論点、忘れかけていたあの知識に気づいてくれればよいと思ってます。 

追い込んで学習するのは本日は最後で、前日は少しゆったり目で体力を温存。

できていない論点、まだまだやれば伸びそうな論点は本日はやり締め。

範囲の絞り込みと全体を見た知識の再確認。もういつどこからきてもいいように、繰り返しやるべきルーティン固めです。

 

勝負の分かれ目はCVP

例え問答無用の超難問が出題されたとしてもCVPが出てきた場合には勝負の分かれ目はCVPです。

CVPはある意味真打ち。

もっと強い敵である、NPVの難問が登場しますが、中ボスであるCVPを攻略出来るかどうかで明暗がはっきりします。

 

CVPの出題パターン

固変分解

売上原価と、販管費の分割

変動費

〇%上昇

損益分岐点売上高、損益分岐点比率

連立方程式

 

変動比率

目標経常利益

 

損益分岐点の基本公式

S-VC-FC=P

S(1ーα)-FC=P

α:変動比率

 

売上=単価×営業量

変動費=1単位当たりの変動費×営業量

変動費=変動比率×売上高

感度分析:販売単価×数量ー変動費単価×数量ー固定費=利益

 

損益分岐点売上高=固定費/1-変動比率

 

損益分岐点=固定費/1単位当たりの限界利益

損益分岐点比率=損益分岐点売上高/売上高

利益=限界利益率×SーFC

損益分岐点売上高=固定費/限界利益率×売上高=固定費/限界利益

 

安全余裕率=売上高ー損益分岐点売上高/売上高×100%

安全余裕率=100%ー損益分岐点比率%

高い方が良い

 

営業レバレッジ限界利益/営業利益

安全余裕率=営業利益/限界利益

 

CVP過去問の出方のフラッシュバック 

 令和1年度

変動比率の計算のみ

損益分岐点売上高

(設問1)の解答を利用してしばり

 

平成30年度

変動比率と営業利益

来年度は外注費が7%上昇

売上高550百万円、固定費34百万円増加

その他の事項に関しては、今年度と同様

変動費率をもとめてから、営業利益を計算

売上高、変動費率、固定費の変化

 

平成29年度

固変分解の予想損益計算書からの続き

最終的な解答の単位未満を四捨五入すること。

売上=単価×販売量

売上=売電単価×売電量

費用=固定費+変動費

営業利益=売上ー費用

 

売上=単価×販売量

試運転は考慮しない

変動費=年間変動費÷売電量×年間売電量

売電単価=費用÷売電量

 

売上=単価×販売量

売上ー変動費ー固定費=0

損益分岐点を求める

 

平成28年度

「予約管理費」が削減

「送客手数料」が総額から3分の2

 減価償却費は固定費であることを忘れない

 

損益分岐点売上高

損益分岐点売上高の変動額

導入前の固定費に戻した場合の 、損益分岐点売上高の変動額

 

平成27年度

予測損益計算書

損失の場合は税金は発生しないものとする。

マイナスであればゼロ

法人税等ゼロ

固定費 経常利益ベース( -営業外収益+営業外費用)符号は逆

営業レバレッジ限界利益/営業利益

 

100万円の経常利益を達成するために必要となる売上高

100万円の経常利益を達成するために固定費の削減

 

平成24年度

損益分岐点比率90%を目標

固定費の削減額

 

平成22年度

グラフに線を書くイレギュラー問題

連立方程式

原価構造は現状と変化がない。

VCとFCは変化しない。

 

平成21年度

損益分岐点売上高

売上高205減少

営業レバレッジ限界利益/営業利益

 

各論点の総復習

その他の論点はNPVは出題回数が多く頻出となりますが、やはり難問が多いです。

NPV以外の過去論点をざっとみておき、本番であれっなんだっけとならないように、残り2日間で思い返しておくことは出た時に絶対の効果を発揮します。

1次試験の財務・会計が実は暗記科目だったように、事例Ⅳも実は暗記科目です。

 

暗記の部分とは、公式、解法のパターン・解き方、そして、やってはいけないミスのパターン。

暗記科目は直前で詰め込むことで効果があります。

前日に全てを詰め込むのは厳しいので2日前の本日中に全力で暗記、思い返しの全集中を行ってください。

 

少しでも見ておいて、解き方を思い出しておく。

何度も繰り返しやってきた問題が出てきます。

過去問のパターンが、繰り返し問われる。

公式が本番で誤って出てしまわないように、最後に思い出しておく。

  

キャッシュフロー計算書

減価償却費は+

その他があるか

法人税等の支払額は未払い法人税を勘案する

 

平成28年度

サービス問題

平成23年度

B/S 「減価償却累計額」項目の変化

期間比較の場合

平成13年度

投資有価証券の増加額

その他固定資産の増加額

 

設備の経済性計算

意思決定会計

正味現在価値NPV

内部収益率法IRR

収益性指数法PI

回収期間法PP

 

回収期間法の欠点

①回収期間内のCFにつき時間価値を考慮していない。

②投資額を回収した後に発生するCFを無視している。

③基準となる回収期間の決定方法があいまい

 

収益性:正味現在価値

安全性:回収期間法

 

CF=(1 -税率)×営業利益+減価償却

FCF=税引後営業利益+減価償却費 -運転資金増加学 -投資額

 

収支ベース

CF=(1-税率)×(CIF-COF)+税率×減価償却費F

営業利益ベース

CF=(1-税率)×(CIF-COF-減価償却費)+減価償却

 

固定資産 売却・除却

節税効果 売却額×税率 除去損×税率を加算する

 

取替投資 機会費用(遺失利益)

  

オプション、デリバティブ

為替予約

ドル買い円売りの為替先物予約 輸入

ドル売り円買いの為替先物予約 輸出

 

為替先物予約を行い、決済時点の支払額を確定させる。

 

オプションプレミアム

ドルの○○オプションを購入しリスクを回避する

コールオプション 輸入

プットオプション 輸出

 

満期日の為替レートを行使価格と比較し、

コールオプション 円安なら権利を行使、円高なら権利を放棄して実勢相場(直物レート)で購入する。

プットオプション 円高なら権利を行使、円安なら放棄

   

セールスミックス

平成26年度

限界利益、貢献利益

個別固定費

共通固定費は勘案しない

蟻地獄は(設問2)から撤退と自粛

  

ディシジョンツリー

いつになれば出題されるのか。

図を書いて攻略する。

平成23年度

R&D投資、低コスト、高コスト、投資、投資すると投資しない

  

企業価値

平成30年度

財務諸表の読み込み

企業価値=要求CF/ WACC

企業価値=1年後のCF/WACC-CFの成長率

 

営業レバレッジ

営業レバレッジ限界利益/営業利益

 

財務レバレッジ

ROE=(1-t)×(ROA+負債比率(ROA-i))

 

連結会計

非支配株主持ち分

自己資本には非支配株持分を含まない

 

最後にやり残した論点を網羅して、本番への自信に繋げる。

やり残したことはないですが、心置きなく準備できましたか。

時間が足りないなんて言わせないです。

 

f:id:Y_Shin:20201022021506p:plain

悟りの境地、沙羅双樹の木の下

全ての事例のまとめを振り返り

もはや全事例が悟りの境地

頭と心を整理して、覚悟を決める

 

本日のまとめ 

今回の記事は いかがでしたでしょうか。

最後に本日のまとめとなります。

「事例Ⅳ 最後の振り返り CVPと悟りの境地」でした。

  • CVPを攻略出来るかどうかで明暗がはっきりする。
  •  暗記の部分とは、公式・解法のパターン・解き方、そして、やってはいけないミスのパターン。

  • 最後にやり残した論点を網羅して、本番への自信に繋げる。
  • 頭と心を整理して、覚悟を決める

 

2次筆記試験までいよいよあと日。

Twitterではフォロワーを絶賛募集中です。

リンクからアクセスしていただき、

フォローやフォローバック、よろしくお願いいたします。

※合格祈願!ポチってください。

   にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村