中小企業診断士shinblog

中小企業診断士試験の勉強方法や、中小企業診断士の活動などを中心に「無料」×「有益」な情報発信をしています!

MENU

経営情報システム IT用語のクイズ問題

おはようございます。

中小企業診断士のシンです。

本日は「経営情報システム」についてです。

 

 

経営情報システムの概略 

経営情報システムは、2次試験には出題されない分野で1次試験でのみで学習する分野です。経営情報システム、経営法務、中小企業政策・経営の3科目を暗記3兄弟と呼んだりもしてます。

基本、IT用語のクイズ問題で、知識を知っているか知らないかが勝負の分かれ目です。変にひねった問題はあまり出題されません。

ただ、令和元年度は1問のみ出題ですが、平成29年試験までは最後に難解な統計解析の問題が2問出題しておりました。全25問で1問4点の科目なので、1問4点と配点も大きく1問取れたか取れなかったが大きいです。

受験生でIT系の方のお仕事をされている方、ITリテラシーの高い方にとっては楽勝科目で、80点オーバーなど得点源とされている方が多いです。この科目で80点取ると当然ながらプラス20点でかなりのアドバンテージがあります。

 

初学者は「なんだこの横文字は?」「カタカナ言葉ばかりで話してて日本語じゃねぇーだろって。」とツッコミたくなりますが、IT業界用語は定着している言葉が多く、流行の移り変わりも速いので、郷に入れば郷に従えです。 

2018年度の中小企業白書にもIT利活用の分野もありますが、IT人材不足が今後も拡大しておりますので、ITの知識、IT分野の強化はビジネスマン・中小企業診断士にとっても重要なマスト分野です。

 

学習分野はハードウェアの5大装置から始まりとった感じですが、PCの古典的な知識から、最先端のIT用語まで出題されます。近年の試験ではやはり最新トレンド用語も出題されておりますが、基本的な分野、繰り返し同じ論点が問われております。

 

経営情報システムの学習方法について

テキスト

各科目共通ですが、まず初めにテキストを読んで、講義を聞いて理解していきますす。

TACなら「スピードテキスト」(通称スピテキ)、LECなら「FOCUSテキスト」を活用。

覚えづらい用語は語呂合わせや韻を踏んだり、声に出してリズムで覚える方法もあります。 

問題集

テキスト確認後にさっそく問題集に取り掛かりましょう。TACのスピード問題集(スピ問)と過去問を問いていきます。クイズ的な問題ばかりなので、答えながら覚えていきましょう。TACのトレーニング教材は用語それぞれの〇×問題と過去問の掲載した内容で学習効果は有効でした。

過去問は出方を覚えること。用語とその説明する用語の組み合わせをセットで覚えていくことが有効です。

 

 

ITパスポ―ト

IT音痴、ITアレルギーのある方は、ITの超入門資格の ITパスポート試験を受験してみたり、やきたみりゅうじ本を辞書代わりに活用して、よくわからない用語の理解にやくだてることもありかと思います。

私はITパスポート試験は初年度に力試しに受験してみました。 

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 令和02年 (情報処理技術者試験)

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 令和02年 (情報処理技術者試験)

 

 

改訂4版 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説

改訂4版 図解でよくわかる ネットワークの重要用語解説

 

 

ググる。日々の検索の積み重ね

スマフォ、アプリ、WEB、HP、Wikipedia、ブログを活用して、知らない用語をググってください。

初学者は余裕がないと思いますが、2年目以降の方で余裕があればIT用語辞典を購入して知識の補充。 

余裕があれば最新のトレンドをチェック。

 

IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

  • 作者:増井 敏克
  • 発売日: 2019/05/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

本日のまとめ

  • 基本は暗記科目でIT用語のクイズ問題。
  • ITアレルギーを克服する。
  • 過去問は出方を覚えること。用語とその説明する用語の組み合わせをセットで覚えていくことが有効。
  • 余裕があれば最新のトレンドをチェック

 

2019年度第10問 データ形式の問題

〇最後に2019年度第10問を実況解説します。

第10問 中小企業においても、Webサイトを構築する場合など、静止画像データを利用 することが多い。静止画像データの保存にはさまざまなファイル形式が利用されるので、それぞれの形式の特徴を理解する必要がある。 静止画像データのファイル形式に関する記述として、最も適切なものの組み合わ せを下記の解答群から選べ。


a BMP形式は、可逆圧縮方式の画像フォーマットであり、256色(8ビット) 以下で静止画像を保存できる。

b JPEG形式は、非可逆圧縮方式の画像フォーマットであり、フルカラーで静止画像を保存できる。

c GIF形式は、圧縮しない画像フォーマットであり、ドットの集まりとして静止画像を保存できる。

d PNG形式は、可逆圧縮方式の画像フォーマットであり、フルカラーで静止画像を保存できる。

〔解答群〕

ア aとb イ aとc ウ bとd エ cとd 

 

以下実況解説。

第10問 中小企業においても、Webサイトを構築する場合など、静止画像データを利用 することが多い。静止画像データの保存にはさまざまなファイル形式が利用されるので、それぞれの形式の特徴を理解する必要がある。 静止画像データのファイル形式に関する記述として、最も適切なものの組み合わ せを下記の解答群から選べ。


a BMP形式は、可逆圧縮方式の画像フォーマットであり、256色(8ビット) 以下で静止画像を保存できる。

→ BMP形式は、256色(8ビット) 以下?。△

b JPEG形式は、非可逆圧縮方式の画像フォーマットであり、フルカラーで静止画像を保存できる。

→ JPEG形式は、非可逆圧縮方式。〇。

c GIF形式は、圧縮しない画像フォーマットであり、ドットの集まりとして静止画像を保存できる。

→ GIF形式は、可逆圧縮方式。×

d PNG形式は、可逆圧縮方式の画像フォーマットであり、フルカラーで静止画像を保存できる。

→ PNG形式は、可逆圧縮方式。

〔解答群〕

ア aとb イ aとc ウ bとd エ cとd 

→ ひっかけどころは例年どおり、可逆か非可逆か。

正解は「ウ」。

 

難易度評価はBでした。JPEGのみ非可逆圧縮方式と知っていれば解ける基本的な問題でした。「絶対に正答したい問題です。」

 

※難易度評価。あとで見返すときのためにABCでランク付けする。

A 確実に正解で見返す必要のない問題。正答率80~100%。難易度:低

B 正解だとは思うが、見返す必要のある問題。50~60%。難易度:中

C 難解な問題。正答率20~40%。難易度:高

 

※いいねと思った方は、ポチってください。 

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村