中小企業診断士shinblog

中小企業診断士試験の勉強方法や、中小企業診断士の活動などを中心に「無料」×「有益」な情報発信をしています!

MENU

令和2年度 事例Ⅳ 全て想定内。出来なかった理由は言語化できますか?

 

おはようございます。

中小企業診断士のシンです。

皆さんいつもブログを読んでくれてありがとうございます。

本日は「令和2年度 事例Ⅳ 全て想定内。出来なかった理由は言語化できますか?」です。

 

 

令和2年度事例Ⅲに関する過去記事は以下です。

「令和2年度2次試験を解いたみた!午後の部」

残り10日のカウントダウン

いよいよ残り10日。カウントダウンが始まりました。

平穏な日々。この期間に何を積上げられましたか。

受験生お疲れ様でした。今まで頑張ってきた自分をほめましょう。

合格発表までは何もせずに休みましょう。

何でこんな言葉がかけられるのか。

僕はこの期間に休みなさいとは言い難い。

中小企業診断士になるということは、そのあとも休まない、休めないということ。

合格したら動きとはいえ、動きまくれるような準備をする期間。

診断士界隈を見ていると、皆次のことを意識して何をするのか考えている気がする。

試験が終わったからゆっくり休みましょう。

多分嫌われたくない、自分をよく見せるために言っている気がする。

常に何かをする。糞のような時間も時にはあるが、無視して新しいことをする。

ちょっとドSの受験指導面の悪い癖が出てきたみたいです。

 

大枠把握とタイムマネジメント

本日からは令和2年度の事例Ⅳを見ていきます。

事例Ⅳは設問解釈はないですが、全体の大枠把握とタイムマネジメントを今回は見ていきます。

 

令和2年度企画は、基本初見の自分の見解。ある程度受験生と同じ目線でお伝えしていく。

事例ⅣはTHE FIRST TAKEの全体の大枠把握とタイムマネジメントです。

特に事例Ⅳが出来なかったと嘆いている人に対する厳しい意見もさせて頂きます。 

 

令和2年度の事例Ⅳは例年と同じような構成でした。

第1問は経営分析、第2問にCVPだけじゃなくてNPVと両方出題。第3問は買収の問題、第4問はROIと文章問題。

個別論点は違えどここ最近の過去問と同じような構成の問題。

普通に経営分析もあったり、CVPとNPV、そして文章問題があった。

ボリュームが多いと感じたのは、第2問(設問2)の1ページにわたる①②③の対応の説明部分。3つの中からどれを選択すればよいのかという問題も(設問2)(c)には出題される。面白い。この出題の形式が実に面白いと思えた。

 

最後の事例で疲れているからできない?

事例Ⅰ~Ⅲと事例Ⅳでh使う頭の筋肉が少し違う気がする。

お腹いっぱいの時にデザートは別腹というような女子のように、事例Ⅳは別腹な気がする。

 

失敗の原因はどこにあるか?

3事例解いたので疲労感が出てきて頭が重い。本番では直前の休憩タイムにどれだけ休んで今までの事例問題での疲労をリセットできたかもポイントだったと思う。

直前は休んでリセットできましたか?

 

やってはいけないのは当然計算ミス

単純な計算ミスは即退場。これが事例Ⅳのルールだ。

電卓の打ち間違え、計算メモの書いたり、写したりのミス。

ミスの回避策を徹底的にやってこなかったのであれば、どうしたらよいのかが明確。

ミスはしませんでしたか?

焦ってもしかたがなく、いつも通りに丁寧に間違えないことに集中する。

 

解いた順場はいかがでしたか?

まず初めの5分ぐらいで全体を見渡す。

第1問経営分析。文章、B/S、P/Lいつも通り。

小数点第3位。①優れているもの1つ、②劣っているもの2つ。

超普通。

(設問2)は同業他社比較で特徴を60字。

まずここまででものすごい安心感が感じられましたか?

予想B/Sや予想P/Lとか過去のやらかしの平成25年や平成24年のような問題が出題されなかったことにどれだけ安心感を持てたのか。

いつもどおりの時間配分でいつもどおりにやれる安心感。

 

解く順番は、第1問の経営分析→弱いものからいじめていく、やっつけていく。

全体をざっと見ていきます。

第2問。心のなかで(設問1)が取れれば勝ち。(設問2)はラスボス。

第3問。(設問1)も(設問2)も説明をする問題。何かを書けば当たる可能性があり。(設問1)40字、(設問2)60字。

 

謝罪。Twitterで「負ののれん」という書き込みを見てしまってました。

ここできたかと思ったのはカンニングです。

 

第4問

(設問1)が計算2第。(設問2)も計算。共に答えだけを各問題。

計算過程での加点がないので一発勝負。

(設問3)は20字と超字数が少ない問題。

 

ここで80分かのタイムスケジュールの構想を検討します。

といっても、いつも通りに80分間を使えばいいだけです。

いつもどおりの80分間を使いうことが出来ましたから?

 

前工程の計画、タイムスケジュール

全体の確認5~8分経過

第1問 経営分析 15分程度で、20~25分経過

次は、第3問もしくは第4問。

僕は計算があるが文章題の字数が少ない第4問を選択。

10~15分ぐらいで解答。35~40分経過。

第3問は文章第なので、とりあえず書く。想定は10分。

45分~50分経過。

ここまでで、残り時間は30~35分。

第2問は問題文の量からして他の問題を確実にしてから解けばよい。

 

仮に第1問から第2問→第3問→第4問と順番に解いた方は、たぶん低評価や計算ミスをやらかしていると思う。

 

1次試験でも同様に問題順には解かないことを意識しているにも関わらず、前から順番にに解くというこだわりが強いばかりに失点をしてしまった方もいるはず。

 

第2問の(設問1)

この問題がCVPであり、この問題を取れたか取れなかったかが合否の分かれ目と判断。

CVPを制するものは試合を制す。

CVPは超超超丁寧かつ大胆に腹をくくる。

10~ロスタイム5分の15分。

残り時間20分ないしは15分。

この段階で確実にラスボスまで倒しきるリソースが無いことに気づく。

負けた。勝てなかった。

多分時間が足りない。

この時間が足りない中でどのような戦略をもって立ち向かうのかを試したのが、(設問2)(C)の選択式の3択問題。

ガチで問題文を読んだ場合には書くことすらなく終わる可能性がある。

問題文の大枠を捉えて(C)だけを答えた場合には確実に点数が入る。

部分点狙いプラス、最後の意思決定の結論はあてるという戦略。

 

以上、問題を解く前の工程を解いた時の心の声と共にお送りしました。

ここまでで出来なかった理由は言語化できましたか?

 

次回は各問題の経営分析から見ていきます。

 

予備校の解答動画と模範解答

継続投稿。各社の解答や動画を見ていない方は是非!

 

予備校:TAC、LEC、大原簿記、KEC、MMC、TBC、AAS、EBA、SLA

ブログ:200%抜け駆けスタイル 診断士試験、一発合格道場

Youtube:まとめしーと流!絶対合格チャンネル

スタディング

 

毎日更新の各受験予備校の2次試験解答速報

ネタはつきましたが、派生した動画も今後もちょいちょい出てきそうな予感。

11月後半には口述試験セミナー」 が登場してきますね。

いやいやその前に、令和3年度対策ガイダンスがスタートしてますね!

 

予備校の壱 TAC

Youtube動画と模範解答。各講師のYoutube祭り。

第2次筆記試験 模範解答速報|中小企業診断士|資格の学校TAC[タック]

 

各講師のYoutube動画 

2次本試験分析会【三好講師】

2次本試験分析会【高久講師】

2次本試験分析会【松田講師/山川講師】

2次本試験分析会【津田講師】

2次本試験分析会【櫻井講師】

2次本試験分析会【辻井講師】

2次本試験分析会【伊東講師】

 

1次「財務会計」特訓ゼミ

1次「財務・会計」特訓ゼミ ガイダンス(TAC中小企業診断士)

 

 

予備校の弐 LEC

2次試験受験者のみ動画と模範解答が入手できます。

2次試験 速報講評・Web動画 - 中小企業診断士|LEC東京リーガルマインド

ABCD判定サービスは11月27日(金)まで

ABCD判定サービス - 中小企業診断士|LEC東京リーガルマインド

一部を公開してました

www.youtube.com

 

予備校の参 MMC

申し込めば動画と模範解答が入手できます。

MMC版第2次試験(MMC採点)のご案内。
2020年の第2次試験の答案をMMCで採点し成績表を公開。

MMCも採点有料サービスを実施してました。

MMC 中小企業診断士スクール

 

予備校の肆 大原簿記

模範解答と動画

中小企業診断士 2次試験 解答速報 | 中小企業診断士 | 資格の大原 社会人講座

 

予備校の伍 KEC

模範解答と動画

2020年度 2次本試験 解答速報 | 中小企業診断士講座ならKEC ビジネススクール

2020年度 2次本試験徹底分析会 | 中小企業診断士講座ならKEC ビジネススクール

2020年度 2次本試験徹底分析会Youtube

 

2021年合格目標 年末集中特訓合宿

www.youtube.com

 

予備校の陸 TBC

令和2年度は事例Ⅰではなく、事例Ⅱ。

やはりダイナミックな動きです。沖縄。大方僕の予想も外していない。

【出題企業様訪問】令和2年度2次試験〔事例Ⅱ〕出題企業の取材記事を公開しました。 | TBC受験研究会|中小企業診断士

【取材の様子】2020年度2次試験 _出題モデル企業B社 事例Ⅱ

 

口述試験対策動画を見落としてました。

2次筆記試験の総評&口述試験対策_20201107開催分

www.youtube.com

模範解答

2020年10月25日実施 中小企業診断士2次筆記試験 解答速報 | TBC受験研究会|中小企業診断士

 

予備校の漆 AAS

模範解答公開。

AAS東京模範解答例公開|AAS東京

【事例1】令和2年度中小企業診断士第2次試験 事例1解答速報

【事例2】令和2年度中小企業診断士第2次試験 事例2解答速報

【事例3】令和2年度中小企業診断士第2次試験 事例3解答速報

【事例4】令和2年度中小企業診断士第2次試験 事例4解答速報

2次試験過去問ダウンロード│AAS中小企業診断士 2次試験対策専門校

再現答案の評価予想サービス(無料)

人数制限ありで随時受けうけてます。

 

予備校の捌 EBA

解答と怒涛の4時間ライブ動画。

令和2年度2次試験 分析解説会

理論で整理す津「アンゾフの成長ベクト」と事例Ⅳの難易度評価

 

令和3年度対策 ガイダンス

再現答案の解説会がメイン。事例Ⅰと事例Ⅱのみんなが書いている答案のフレーズや知識が集計されたデータが公開させていました。

【EBA中小企業診断士スクール】令和3年度対策向けガイダンス

www.youtube.com

 

予備校の玖 クレアール

再現答案は2次試験受験者のみ申し込めます。

動画はHPで配信。

2次本試験分析会 Youtube動画

中小企業診断士 | 通信講座で最短合格を目指すならクレアール

2次対策講座もありますね。早割してます。 

 

予備校の拾 SLA

HP。私塾。

教室・講師 | SLAについて | SLA

事例Ⅰ・ⅡSLA専門校講師が解説!

事例Ⅲ・ⅣSLA専門校講師が解説!

 

その他 スタディング、診断士ゼミナール、アガルート他 

1次試験対策のコスパ重視で。

 

ブログ 200%抜け駆けスタイル 診断士試験

各社の解答をまとめてる記事もあります。

200%抜け駆けスタイル 診断士試験 | わかりやすいのはマスト、具体的ならベスト。暗記と国語で試験を駆け抜け

 

Youtube

ほらっちチャンネル

過去の口述試験対策のポイント

動画を発見しました。

【中小企業診断士試験対策】口述試験対策のポイント

 

まとめしーと流!絶対合格チャンネル

まとめシート流!絶対合格チャンネル - YouTube

事例Ⅰ Youtube動画

事例Ⅱ Youtube動画

事例Ⅲ Youtube動画

 

一発合格まとめシート前編  

 

スタディング

書籍新刊が発売されてます。

初学者向け。速習メソッドですね。

学習マップなら! 中小企業診断士に超速合格できる本

学習マップなら! 中小企業診断士に超速合格できる本

  • 作者:綾部 貴淑
  • 発売日: 2020/11/25
  • メディア: 単行本
 
スタートアップ! 中小企業診断士超速習テキスト

スタートアップ! 中小企業診断士超速習テキスト

  • 発売日: 2020/11/25
  • メディア: 単行本
 
スタートアップ! (中小企業診断士超速1問1答)

スタートアップ! (中小企業診断士超速1問1答)

  • 発売日: 2020/11/25
  • メディア: 単行本
 

 

本日のまとめ 

今回の記事は いかがでしたでしょうか。

最後に本日のまとめとなります。

今回は「令和2年度 事例Ⅳ 全て想定内。出来なかった理由は言語化できますか?」でした。

  • 中小企業診断士になるということは、そのあとも休まない、休めないということ。
  • 常に何かをする。糞のような時間も時にはあるが、無視して新しいことをする。
  • 個別論点は違えどここ最近の過去問と同じような構成の問題。
  • 焦ってもしかたがなく、いつも通りに丁寧に間違えないことに集中する。
  • いつもどおりの時間配分でいつもどおりにやれる安心感。
  • 出来なかった理由は言語化できましたか?

2次筆記試験の合否が決まる、口述試験を受験する資格を得た方の発表日

令和2年12月11日(金)まであと10日。

いよいよカウントダウン。

Twitterではフォロワー、お便りもお待ちしてます。

受験生、診断士、一般の方、どなたでもウェルカムです。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

 

※神頼み!合格祈願!

   にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村