中小企業診断士shinblog

中小企業診断士試験の勉強方法や、中小企業診断士の活動などを中心に「無料」×「有益」な情報発信をしています!

MENU

事例Ⅳで不合格になった人が、やるべき対策とは!

f:id:Y_Shin:20220303024008p:plain

おはようございます。

壱市コンサルティングSLC中小企業診断士合格ゼミ・個別指導のシンです。

皆さんいつもブログを読んでくれてありがとうございます。

本日は「事例Ⅳで不合格になった人が、やるべき対策とは!」です。

 

ちょっと事例Ⅳの問題を振り返っていて気づいことがありました。

不合格の理由は事例Ⅳ

そろそろ、超遅ればせながら、得点開示請求の結果が返ってきていると思います。

既に、今更感が強い、得点開示請求の結果。

といいつつも、見てみるとまだまだ果てしなく続く、Twitterでの投稿。

既に見すぎて飽きた感ありますが、その分析の前に、やはり最も気になるのは、不合格で大きな要因となってしまう、事例Ⅳのできと、その対策です。

練習では、普段はできている人でも、本番ではできないといった、どんでん返し、ちゃぶ台返しがあるのが、事例Ⅳ。

やはり、全然安定的に、できるようになってこないという状態だと、また不合格になる確率の方が高いです。

実は、昨年の勉強会では、事例Ⅳができている人にとっては、合格の安心感がありました。

ただ、蓋を開けてみれば・・・。

 

本当に有効な対策とは、

講座のテキスト作成をしており、事例Ⅳのパートを念入りに作成しています。

通常、受験生はこの文章化、テキスト作りはするはずはないです。

たまに、ブログとかで記事を書いている人もいますが、そんな人はかなり稀でしょう。

通常は、問題用紙、紙に、問題と解く形式で解答を導く練習をします。

中には、エクセルで数字、計算をしてまとめている人もいることでしょうか。

ただ、その中で、最も核となるのは、この問題で「何を求めてほしいのか」といった、解答要求がはっきり明確に分かることだと感じます。

どうしても、手を動かして、計算して、その中で答えを見つけにいき、見つからず、時間がかかり、ゲームオーバー。

こんな悪夢を毎年の様に見ることに陥ります。

いつも出来ていた人が本番でなぜ力が発揮できないのか。

たぶん、答え自体や導く解法を暗記して、パターン化で対応しているからだと思います。

このやり方は、攻略のマニュアル化の部分では必要不可欠ですが、さらに安定的な高みを目指すのであれば、圧倒的にひらめける、境地にならないと厳しいです。

 

単純に解くということではなく、体系化しつつ、どのような論点で、何をどのように、答えさせたいのか、文章化でき、かつ、その出し手の引き出しを予め整理して、持っておかないと、1発勝負では苦しいです。

抽象的になりましたが、こんなもやもやをズバリ、まとめて、記憶に定着させることが、学習になることでしょう。

 

令和4年度中小企業診断士SLC合格ゼミ・個別指導

オンライン・Zoomで実施しています。

第2回ゼミは2022年3月5日(土)実施

内容の一部はYoutubeチャンネルで配信予定。

第2回より、核心的な内容になります。

 

中小企業診断士しんちゃんねる

最新投稿

【中小企業診断士試験受験してみた③】初学者は、財務・会計は試験を諦めるかどうかの山場だった - YouTube

【中小企業診断士試験受験してみた②】企業経営理論の攻略法!あまり勉強してなくても合格? - YouTube

【中小企業診断士試験受験してみた①】中小企業診断士1次試験のみストレート合格受験生の登場!令和4年度2次試験は早くも黄色信号?? - YouTube

【令和4年度対策】SLC中小企業診断士2次試験合格ゼミ第1回〜令和3年度2次試験を「出題の趣旨」から分析!本解答が書かれている!? - YouTube

【令和4年度対策】SLC中小企業診断士2次試験合格ゼミ第1回〜年間スケジュールとテーマ発表!2年目と多年度が目指すべきところ! - YouTube

【令和4年度対策】SLC中小企業診断士2次試験合格ゼミ・個別指導セミナー - YouTube

令和3年度中小企業診断士2次試験合否結果発表~SLC勉強会コミュ二ティ - YouTube

高評価&チャンネル登録お願いします!!

 中小企業診断士しんちゃんねる - YouTube 

 

本試験問題

中小企業診断士試験問題

 

Twitterリンク先

Googleフォーム お問い合わせ先

 

いいね!とクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村