中小企業診断士shinblog

中小企業診断士試験の勉強方法や、中小企業診断士の活動などを中心に「無料」×「有益」な情報発信をしています!

MENU

東南アジア在住の診断士インタビュー①ブログ「四十で迷わず、五十にして天命を知る」に迫る

 globe east および東南アジア - 東南アジア ストックフォトと画像

おはようございます。

中小企業診断士勉強会プロデューサーのシンです。

皆さんいつもブログを読んでくれてありがとうございます。

本日は「東南アジア在住の診断士インタビュー①ブログ「四十で迷わず、五十にして天命を知る」に迫る」です。

 

 

診断士へのインタビュー動画第2段

今回より診断士インタビュー第2段となります。

第1段の動画撮影後に第2弾のキャスティングについて考察しました。

第1弾は正直身近で依頼しやすい方にお願いしてしまった経緯があります。

そして独立されたといことで顔出しを快く了承いただけるという打算的な考えもありました。

そんなもやもやした中で、3月上旬にFBでの投稿を見てしまいました。

「一時帰国」

あのZoomでしかお会いできなかった海外在住の方が東京に戻ってくる。

 

2020年は正にコロナで始まり、Zoomで終わる1年間でした。

オンラインとオフラインといる言語事態、平成25年度中小企業診断士2次試験事例Ⅱのオフラインという縛り以来に聞いた言葉で、今や知らない人がいないレベル感。

オンラインからオフラインへの価値にアンテナを張らせて頂き、この機会しかないと、突撃オファーをださせて頂きました。

 

取材協力ありがとうございました。

顔出し動画を投稿しています。

アバターでもいいですが、中小企業診断士ってどんな人?という受験生や視聴者の立場を考えると顔出しの価値はあると思っています。

未だにYouTube界隈ではベテラン診断士の方の投稿が多いものの、合格したての方や20代ぐらいの若い方の投稿は未だに少ないです。

 

実年齢やバックグラウンドが違えど同期合格の、東南アジア在住の安田先生ににご出演を快諾頂けたことは物凄くラッキーでした。

実は一番シンパシーを感じさせていただいたのは、このはてなブログの記事でした。

 ブログ「四十で迷わず、五十にして天命を知る」

を投稿されていたご本人様です。

 

実は受験生支援団体や、1年目の診断士の活動で、度々Zoom越しではありますが、やり取りをさせて頂ており、このブログもレコメンドして頂いておりました。

その説はありがとうございました。

ブログのタイトルは正に論語

「四十で迷わず、五十にして天命を知る」

「われ十五にして学志し」「三十にして立つ」

「四十にして惑わず」「五十にして天命を知る」
「六十にして耳順う」「七十にして心の欲するところに従っても矩をこえず」


孔子論語です。

 

インタビュー前の準備

インタビュー前にブログ記事161稿を全て読み、何を質問しようか考察していました。

安田先生のブログでは、心情面のご自身の弱い部分が書かれており、読者と同じ目線にたっていただいているので、入り込みやすい記事となっています。

学生時代から現在まで、その時その時で感じられた気持ちの内面の部分を思い返されて、反省点とともにお伝えされています。

最近は諸事情があり更新されていないようですが、次回の更新を心待ちにしております。

 

ブログからのつながりが大きい。

Zoomの世界でお会いしたとはいえ、実際にお会いするオファーをすることには躊躇した部分もありました。

せっかくお知り合いになったんですが、オンラインでの距離感の取り方が難しい気もしており、実際にオファーしたら断わられてしまうのではないかという、ネガティブな思考も多少ありました。

 

結果としては、快諾。

面白いこと、新しいことに、積極的に試みて頂ける、診断士ならではの価値観と同期合格者というよしみでインタビューをさせて頂けました。

 

全5回で随時20時投稿でアップしていきます。

「東南アジア在住の診断士 突撃インタビュー」

実際に初対面したところ、全然違和感はなく、全然初めてお会いしたようなよそよそしい感じでもなく、すんなりとインタビューに入らせていただけました。

よって、Zoomでのやりとりでも人間関係が出来あがることを実感しました。

1年間の活動で何を得たのか

予想していた以上に高いレベル感で、高い志の基に活動をされていらっしゃることを感じました。

人脈が広がるということは当然ではありますが、その中で自分に刺さる言葉があり、影響されて、過去の自分の経験とオーバーラップすることで、本当に自分自身がやりたいことが見えてくる。

僕も迷ってます。たぶん、皆迷っています。

その中で迷いながらも答えを見つけつつあるのが1年後の姿です。

このインタビューを受けて頂いたその意味は、中小企業診断士の活動をされて行く中でも通じる部分があることを感じました。

「これから上っていこうとしている若い人達に対して、失敗をしてほしくない。」

「回り道の人生を歩んできた。」

かなり心情的な部分、人間の弱い部分を書かれているブログ記事。

安田先生のお人柄がお伺える内容となっています。

 

今回インタビュー動画は全5回となります。

引き続き動画を投稿してい行きますので、是非ご期待下さい。

夜20時に公開です。

 

本日のまとめ

本日のまとめの前に告知です。

僕が運営する診断士ライフコミュニティでは、中小企業診断士2次試験になかなか合格出来ない人達のために勉強会を開催しています。

 

参加者のメンバーには100%合格していただきたいという強い思いがあり、勉強の進捗管理から個別相談までしております。

 

そして、受験生支援以外では、インタビュー動画をYouTubeチャンネルで投稿しております。

インタビューをさせて頂ける方を募集しておりますので、よろしくお願いします。

 

今回は「東南アジア在住の診断士インタビュー①ブログ「四十で迷わず、五十にして天命を知る」に迫る」でした。

  • オンラインからオフラインへの価値にアンテナを張らせて頂き、この機会しかないと、突撃オファーをださせて頂いた。

  • ブログは、心情面のご自身の弱い部分が書かれており、読者と同じ目線にたっていただいているので、入り込みやすい記事となっていた。
  • 面白いこと、新しいことに、積極的に試みて頂ける、診断士ならではの価値観。
  • 実際に初対面すて全然違和感はなく、全然初めてお会いしたようなよそよそしい感じでもなく、すんなりとインタビューに入らせていただけた。

    よって、Zoomでのやりとりでも人間関係が出来あがることを実感。

第8回勉強会 事例Ⅳ特集➀(CVP編)

日時:4月11日(日)AM9:00~

事前課題(任意):平成26年度・平成23年度過去問、CVPの問題、事例Ⅰ~Ⅲの振り返り

場所:池袋西口某所

公共機関を利用して行います。

 

現在受験生達の意見出しにより、5月以降の勉強会のカリキュラムを考案中。

 

Twitterリンク先

Googleフォーム お問い合わせ先

中小企業診断士しんちゃんねる - YouTube

innrataguramはグルメ

 

ブログ 投稿開始から1年まで残り7日。

 

いいね!とクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村